お問い合わせ

ネットショップ支援ツール

楽天内SEO対策 -検索上位表示を狙うために-

全体の60%を占める楽天検索結果からの売上

楽天市場流通総額は1,426億円(2013年10月楽天報告)
その30%が428億円。
428億円が楽天検索結果の1ページ目から売れているのです。
いかに1ページ目に表示させるかで売上が決まるわけです。

また国内流通総額の流れは下記の図の通りです。

右の資料をご覧ください。
国内BtoC向けEC市場規模は9.5兆円で、個人消費全体の3.1%を占め、インターネットを利用して情報収集をしている人(54.5%)や購入前に価格をインターネットで調べる人(69.4%)は過半数を超えています。(経済産業省調査)

現在、通信販売市場の規模は約7兆円あり、中でも国内のECサイトは8万サイトを超え、これまで通販の主流とされていたカタログ通販事業者2万社の4倍にものぼっています。
そして、カタログ通販の割合は22%と縮小傾向にあり、逆にインターネット通販が全体の約65%を占めるようになりました。
Eコマースは全体で4.7兆円程度あり、多くがPCからの取引(3.7兆円)ですが、近年モバイル(0.9兆円)の割合が増加傾向にあり、またモバイル利用者のうちほとんどがスマートフォン経由(0.84兆円)でネットショッピングを楽しんでいます。

デジタルコンテンツと物販をあわせるとEコマース市場の規模は約6兆円であり、Amazonの国内売上高(7300億円)と楽天の流通総額(1.3兆円)をあわせると2兆円近く、Eコマース全体の約3割が、Amazonか楽天経由であると考えられます。


参考資料引用:アンダーワークス社

レビューを増やすことで楽天内検索上位表示

楽天内検索で上位を狙うためのテクニックは様々ありますが、
大きくはレビュー数を増やすこと。
基本的にレビュー数が多い商品が上位表示しやすいです。

まずは買ってもらうためには、転換率の高いサイトを作って
それに対してアクセスを集める!

アクセスを集めるためには広告を打つという手段も考えられますが、いずれはレビュー数が資産となって検索結果で有利に働きます。
そう考えると損して得とれではないですが、最初の段階については戦略的に広告費を使うのも一つの方法です。

最終的にはできる限り広告費を減らしましょう!

楽らくプラン





ネットショップ支援ツール

楽らくプラン
アイテムランキング 楽天CSV編集ツール